Moving & Action
感動と行動を喚起する経営コンサルタント

システムエンジニア歴10年の中小企業診断士が
地元 福岡、佐賀、九州の
頑張っている企業と
起業を目指す方を全力で支援します!

代表 菊池 哲
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
blog ranking
おかげさまで大好評です!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ





資格



Facebook
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Days of Moving & Action

感動と行動を喚起する経営コンサルタント
Moving & Actionの、感動と行動の記録です。
<< コロンブスの卵 | main | 輸出大国JAPANの終焉 >>
コダックの破産から何を学ぶか
0
     
    かつてのフィルム業界の王者が破産した

    デジカメに乗り遅れたというのが一般的な見方だろう

    しかし、聞くところによると
    デジカメにもいち早く手を出していたらしい。

    が、フィルムの方が利益率が高いということで
    フィルムに専念することを決断する。

    この決断が、破産という結果を招いた。

    中小企業なら、フィルム専念でも良かっただろう。
    しかし、世界で1位2位を争う企業だから、
    衰退するフィルムに専念するというのは間違いだった。

    あくまで結果が出たあとに言っている結果論であるが、
    フィルムかデジタルか、どちらが今後伸びるかは
    決断した当時でも分かったのではないか。

    これから何を学ぶかだが、
    自問自答しよう。
    コダックと同じ様なことを、今していないか?
    過去にとらわれていないか?
    変化を見てみぬふりしていないか?
    目先の利益を追っていないか?





    ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
    にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
    脱サラ・起業 無料コンサル
    | たわごと | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コダックが、デジカメに手を出した時期は、フィルムかデジタルか、どちらが今後伸びるかは、分からなかったんだと思います。
    進出した時期が早過ぎて、イノペーターが飛び付いたけど市場は小さく、無理だ、儲からないと諦めてしまった。

    大切なのは、時間軸、流れであると最近痛感している。

    しかし、確かにコダックと同じ失敗を繰り返している企業も多いような気はする。
    | 会社員 | 2012/01/21 6:51 PM |

    会社員さん

    分からなかったのかも知れませんが、
    あえての集中をしたのだと
    私は思っています。
    そうしたら、思いのほか
    フィルムの衰退が進んでしまった。

    日本も国内市場は衰退の一途でしょうから
    1つの国レベルでなく
    国際市場全体で物事を考えないと
    いけないのでしょうね
    | Moving&Action | 2012/01/24 11:23 PM |










    http://blog.moving-and-action.com/trackback/158