Moving & Action
感動と行動を喚起する経営コンサルタント

システムエンジニア歴10年の中小企業診断士が
地元 福岡、佐賀、九州の
頑張っている企業と
起業を目指す方を全力で支援します!

代表 菊池 哲
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
blog ranking
おかげさまで大好評です!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ





資格



Facebook
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Days of Moving & Action

感動と行動を喚起する経営コンサルタント
Moving & Actionの、感動と行動の記録です。
<< 公共の利益となる保険 | main | 売れる仕組み >>
3.11
0
     
    あの日から1年

    よく3.11後の価値観と言われるが
    本当に価値観は変わったのか?

    少なくとも福岡に住んでいる限りでは
    テレビやネットを見ない限り
    今日はいたって変わらない普通の日曜日だ。

    絆という言葉が、経済の上で安っぽく使われ、
    経済性だけでない価値観という名の経済を作ろうと躍起だ。

    2012年3月現在、
    日本はまだ世界の経済大国であるとは間違いない。
    国民が持つ金融資産は諸外国から見れば羨望の的だろう。

    しかし、ゆっくりと確実に国際化という
    大きな津波は日本に押し寄せている。

    お金と仕事は確実に日本から流出していく。
    医療や環境、高度技術を生かした職種は残るだろうが
    全ての人がそのような仕事に就けるわけではない。

    海外に投資できる一部の富裕層は、その地位を保てるが
    多数の国民は貧しくなっていく。

    こういうことを前提として
    本当の意味で国民の「絆」により
    再度の復興を遂げられるのか。

    一人一人が自分に出来ることは何か考えできることからやっていくしかない。
    しかし、そのような善意を悪用しようとする人々も確実にいる。

    他人のためにと頑張ることもお金が無ければ続けられない。

    結局は自分がかわいいのだ。
    これは否定できない。

    震災後の東北で皆が助け合ったのは、皆が苦しかったからだ。
    避難所に1人、豪華な食事をしている人がいれば
    協力体制は生まれなかっただろう。

    これからの日本、既得権益をもつ特権階級が存在する中で
    継続的な協力体制をどのように作っていくのか。

    このような難しい問題を考えた上で、
    国民が自己責任のもとに、本当の意味での選挙をする必要がある。





    ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
    にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
    脱サラ・起業 無料コンサル
    | 葛藤 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    震災後、「絆」と言う言葉がクローズアップされたが、
    本当のところ、国民の絆は深まったのだろうか。
    結局、言葉が一人遊びした感は拭えない。

    ガレキ問題だって、強制的に各都道府県に振り分け、
    それを受け入れさせれば良いと思う。
    本当に何も進んでいない。各省、各機関、各県、各個人、全てが利己しか考えていない。

    日本はそういう国になってしまったのか!
    | 会社員 | 2012/03/12 11:47 PM |

    震災後、「絆」と言う言葉がクローズアップされたが、
    本当のところ、国民の絆は深まったのだろうか。
    結局、言葉が一人遊びした感は拭えない。

    ガレキ問題だって、強制的に各都道府県に振り分け、
    それを受け入れさせれば良いと思う。
    本当に何も進んでいない。各省、各機関、各県、各個人、全てが利己しか考えていない。

    日本はそういう国になってしまったのか!
    | 会社員 | 2012/03/12 11:49 PM |

    自己犠牲を払って他人や社会のために

    これが出来る人は多くはいないですよね。
    志はあっても目の前の生活で精一杯。
    これが現実でしょう。

    孫正義さんはだからすごい。
    成功者が率先して動くことはとても重要です。
    そして、私たち庶民はそのような人を応援することですね。
    間違っても足を引っ張ってはいけない。

    柳井さんあたりも何か行動して欲しいと思う今日この頃です。
    次の総選挙では橋下さんに期待します。
    | Moving&Action | 2012/03/18 5:11 PM |










    http://blog.moving-and-action.com/trackback/165