Moving & Action
感動と行動を喚起する経営コンサルタント

システムエンジニア歴10年の中小企業診断士が
地元 福岡、佐賀、九州の
頑張っている企業と
起業を目指す方を全力で支援します!

代表 菊池 哲
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
blog ranking
おかげさまで大好評です!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ





資格



Facebook
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Days of Moving & Action

感動と行動を喚起する経営コンサルタント
Moving & Actionの、感動と行動の記録です。
<< シェアリー WIMAX 到着 | main | 福岡市の起業・創業応援サイトのPR動画 >>
否効率主義で会社が元気に?
0
     こんにちは、こどもの日 いかがお過ごしでしょうか?
    私は子供と遊ぶ時間を削って、ブログを書いています(笑)

    まず、否効率主義って何?と思われると思います。
    非効率主義ではありません。
    否・効率主義です。

    効率第一主義を否定することを、勝手にそのように名づけました。

    バブル崩壊後の日本企業の多くが、効率主義をとり
    リストラやコストダウンを第一優先に取り組んできたと思います。
    それで得たものもあるが、失ったものもあるでしょうという回帰的な考えです。

    ある目的意識をもって読んだ本をもとにこのブログは書いています。
    その本は、「隠れた力を引き出す会社」(日本能率協会) です。


    実は、数か月前からこの本のタイトルにある「力を引き出す」には
    どうしたらよいのか?というテーマをもって心理学の本などを読んでいました。
    部分的には有効な知識、解法を得ましたが
    具体的な応用にはまだ至っていません。(私が力不足であるため)

    そんな中で、この本のタイトルに惹かれて読んだ次第です。

    この本の主張は、端的に言うと
    ・効率主義は自主性、創造性を奪う
    ・もっと無駄を許容すべき
    ということだと私は理解しました。

    なるほど、確かにその通りだと思います。
    しかし、この本では、
    「効率主義=アメリカ式経営、否効率主義=日本式経営」
    ととらえて、効率主義をすべて否定する論調があります。
    私は、この部分については懐疑的です。
    いわゆる日本式にこだわった結果がガラパゴス化だろうと思いますし。

    ただし、この本が主張する
    自主性を重んじ、
    自主的に動きやすい環境を作ることが重要だ
    という部分には大きく賛成です。

    つまり、上司、経営層が上から「指示待ちするな!」
    とどやしても、物事は一向に解決しない。
    むしろ、どんどん萎縮して悪循環になる。

    リーダーは大きな方向性だけ示して
    深刻にならず、
    真剣に明るく、
    親のように
    メンバーを率いる。
    こういうことなんでしょうね。

    言うは易し、行うは難しですね。

    というより、本当に
    性善説に基づき、任せてしまえば万事解決するのか?
    という疑問が常について回ると思います。

    答えはYESということですね。
    当然、必要なトレーニングプログラムは必要であるが、
    任せた結果として失敗しても、それが経験となり
    次のより大きな成功の種となる。
    というスタンスが重要ということです。

    という意味で、失敗を許容する覚悟が必要であり
    トップの意識が重要となります。




    ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
    にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
    脱サラ・起業 無料コンサル
    | 葛藤 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.moving-and-action.com/trackback/181