Moving & Action
感動と行動を喚起する経営コンサルタント

システムエンジニア歴10年の中小企業診断士が
地元 福岡、佐賀、九州の
頑張っている企業と
起業を目指す方を全力で支援します!

代表 菊池 哲
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
blog ranking
おかげさまで大好評です!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ





資格



Facebook
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Days of Moving & Action

感動と行動を喚起する経営コンサルタント
Moving & Actionの、感動と行動の記録です。
<< お客様は誰ですか?その2 | main | 残念な上司 >>
お客様は何人いますか?
0
    こんにちは、中小企業診断士の菊池です。

    前回からの続きです。

    あなたのお客様は何人いますか?
    見込客も含めて、どの程度の市場をターゲットとして
    ビジネスをしているのか。あるいはしようとしているのか。


    この単純な問いに意外と答えられないものだと思います。




    長らく成長経済しか日本は経験していませんでした。
    だから、ご近所の御用聞きを愚直に懇切丁寧に
    やっていればおのずと企業も存続できたのです。


    しかし、地方はすでに衰退経済に陥っています。
    今成長しているのは東京だけでそれも東京オリンピックまで。


    さて、どうやって市場を見積もりますか?

    飲食店を開きたい方に見込売上を聞くと、
    根拠もなく
    「1日当たり客数が20人で客単価4千円で
    新規客が○人で、リピータが○人で
    平均月に2回来てもらう。」
    なんて独りよがりな回答をよく返されます。
    普通の人は同じ店に月に2回なんて行きませんよ。
    私の場合、前回の記事に書いたうどん屋も
    お気に入りですが年に3〜4回程度しか行きません。
    もちろん、月2回くるヘビーな客も存在することは否定しません。
    しかし、その割合はかなり低いはずです。


    うどん店の例なら
    住宅地立地なので
    周辺の人口、世帯、世帯構成、収入や生活スタイルなど
    から世帯当たりの1か月あたりの外食費を推測します。
    世帯数×1か月あたりの外食費
    これが市場となります。

    この中からライバルを考慮しての市場シェアを決めます。
    ここが見込売上を決める作業です。
    つまり、新規開店するということは
    既存店のシェアを奪うことなのです。

    うどん店の場合は、福岡にあまりない本格讃岐うどんなので
    地元だけでなく、結構広めの商圏となっていると思います。
    数か月に1度程度のリピータを広い範囲で確保しているはず。

    さあ、あなたのビジネスの市場はどれだけの規模ですか?
    シェアは今どれだけで、将来どこまでを目指しますか?

     



    ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
    にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
    脱サラ・起業 無料コンサル
    | 椅子取りゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.moving-and-action.com/trackback/186