Moving & Action
感動と行動を喚起する経営コンサルタント

システムエンジニア歴10年の中小企業診断士が
地元 福岡、佐賀、九州の
頑張っている企業と
起業を目指す方を全力で支援します!

代表 菊池 哲
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
blog ranking
おかげさまで大好評です!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ





資格



Facebook
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Days of Moving & Action

感動と行動を喚起する経営コンサルタント
Moving & Actionの、感動と行動の記録です。
<< 椅子取りゲーム | main | 日本は右肩下がりで世界は右肩上がり >>
日本の人口は右肩下がりです。
0
    こんにちは、中小企業診断士の菊池です。

    ソチオリンピックも今日で終わりですね。

    早くも東京オリンピックに期待してわくわく
    している方も多いでしょうね。

    2020年に向けて明るい話題を得て、
    アベノミクスも功を奏しており、
    バブル再来を密かに皮算用している人も
    いるかもしれません。

    確かに短期的なバブル傾向は出てくるかもしれません。
    しかし継続的な成長曲線を描けない現状において
    80年代のバブルと同じものは期待できないでしょう。

    日本の人口は右肩下がりなんです。

    もう、それは聞き飽きたよって人も多いかと思います。
    現実逃避したい気持ちもわかります。
    しかし、そこで思考停止して現状維持を図ることは
    かしこい人がやることではないと思います。

    まずは、どの程度人口が減るのかおさらいします。
    日本人口
    (厚生労働省のページより)
    http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/dl/07.pdf

    今から約20年後には、約1000万人の人口が減っている予測です。
    ベルギーがそれぐらいの人口です。
    ただ、人口が減るだけでなく、人口構成も高齢化します。
    社会保障の問題も大きくのしかかります。
    単純な内需減少に加えて、可処分所得の減少というダブルパンチに見舞われます。

    一方、視野を広げて世界はどうなるでしょうか。

    世界人口
    (総務省統計局の情報よりグラフ化)
    http://www.stat.go.jp/data/sekai/0116.htm
    http://www.stat.go.jp/data/sekai/zuhyou/02.xls#2-1

    一転、世界人口は右肩上がりです。
    特にアジア、アフリカが勢いを増して、そのウェイトを増やしてきます。


    この構図から、日本は人口減少により
    世界の中での地位をより下げていきます。
    単純な量の問題だけでなく、質的な面でも
    優秀な人材が国外に流出することが予想されます。

    このようなことが、向こう20年を見通せば
    多少のずれはあっても、方向性として確かなこととして予測できます。

    それでも、あなたは今までと同じビジネスのやり方にこだわりますか?
    本日は問題提起としてここまでにします。



    ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
    にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
    脱サラ・起業 無料コンサル
    | 椅子取りゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.moving-and-action.com/trackback/191