Moving & Action
感動と行動を喚起する経営コンサルタント

システムエンジニア歴10年の中小企業診断士が
地元 福岡、佐賀、九州の
頑張っている企業と
起業を目指す方を全力で支援します!

代表 菊池 哲
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
blog ranking
おかげさまで大好評です!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ





資格



Facebook
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Days of Moving & Action

感動と行動を喚起する経営コンサルタント
Moving & Actionの、感動と行動の記録です。
<< twitterをマーケティング活用 | main | そもそも中小企業支援は正義か その3 >>
twitterのマーケティング活用法 前日の補足
0
     いまひとつ、このテーマは受けが良くないが
    安易な市場迎合も良くないだろうと
    懲りずに同じテーマで。

    前日のブログで言葉足らずで説明不足な面もあるので、
    その補足をさせていただきたい。


    まず、前提として
    twitterが使える可能性が高いのは
    BtoCの小売やサービスの新規開拓だ。
    しかも、ネットで全国に対して販路を開いていることも重要だ。
    一般消費者に広く知ってもらう、宣伝広告的な利用である。

    地域限定の店舗型の場合は、
    やらないよりはやったほうが効果はあるだろうが、
    労力に見合うかという面で微妙である。
    やるなら、居住地を公開している人で地元の人に限定して
    地道に店の情報を発信し続けること。
    とにかく、つぶやく頻度を高めて
    目に留まる確率を高めることが重要だろうけど、
    単なる宣伝だと、うざいと思われるリスクもあるので
    つぶやき方に工夫が必要だ。
    素直に、折込チラシやポスティングを検討したほうが賢明かもしれない。


    また、既存客の囲い込みや関係強化、ファン作りにはあまり向かない。
    なぜなら、twitterは顔が見えないバーチャルな世界であるから。
    バーチャルに広く浅くつながることがtwitterの醍醐味なので。
    既存客と深くつながりたいなら、facebookなどのSNSが有効だろう。

    BtoBのビジネスはどうか?
    自社を知ってもらうきっかけにはなると思う。
    知ってもらってから先が大変だというビジネスなら
    労力に見合わないかも知れない。


    というわけで、twitterは
    「広く浅く」知ってもらうことを目的として利用するのが良いと思う。
    相互の関係強化したいならSNSを、
    もうちょっと深く知ってもらいたいならブログなどで。

    それで、「広く浅く」ならば
    まずはフォロワーを増やさなければ意味がないと考えている。
    つぶやく内容、タイミング、頻度などはその次の段階だ。
    だって、つぶやいたその瞬間にどれだけのフォロワーが
    画面の前にいるだろうか。

    テレビでさえ、ゴールデンタイムなら7割ぐらいらしいが
    昼間は2~3割しかないだろう。
    twitterの視聴率は10%は超えないだろうと思っている。
    (ターゲットによって大きく差があると思うが)
    だから、つぶやきからアテンションを集めるには
    相当のフォロワー数が必要だ。

    数があれば、その次につぶやき方だろう。
    (もちろん、フォロワー相手でなく
     はなから検索をターゲットとして
     つぶやき方にこだわるやり方もあるが)

    フォロワーを増やす過程でも、
    プロフィールから一定の割合で
    ブログやホームページへの流入も期待できる。

    ここは、ある種の割り切りが必要だと思う。
    割り切れないと、うざいアフィリエイターなどが
    あふれるtwitterに嫌気がさして
    twitterをやめてしまうだろう。



    ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
    にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
    脱サラ・起業 無料コンサル
    | IT | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.moving-and-action.com/trackback/41