Moving & Action
感動と行動を喚起する経営コンサルタント

システムエンジニア歴10年の中小企業診断士が
地元 福岡、佐賀、九州の
頑張っている企業と
起業を目指す方を全力で支援します!

代表 菊池 哲
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
blog ranking
おかげさまで大好評です!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ





資格



Facebook
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Days of Moving & Action

感動と行動を喚起する経営コンサルタント
Moving & Actionの、感動と行動の記録です。
<< 亭主元気で留守がいい | main | 愛の復興大作戦 >>
Windows8の発表でWindows7は買い控え?
0
     本日、Windows8が発表されたらしい。
    開発者向け会議で試作品も配布されたようだ。

    発売予定は2012年とのこと。

    このニュースを見て、すぐにWindows7が買い控えられるかもと思った。
    そして、WindowsXPのサポートが終了する2014年4月をもって
    Windows独占時代が終了するかもしれない。

    Vistaは普及せず、Windows7がやっと普及期に入りつつあったのだが
    このタイミングでWindows8の発表。
    個人向けPCではWindows7がシェアをとっていると思うが
    まだまだ企業向けではXPが主流なのでは?

    企業はそろそろ本格的にXPから次のOSへの移行を検討しなければならない時期だろう。

    通常は、ブラウザとメール、Office製品があれば事足りるだろうから、
    Linuxベースのオープンソースが本命となるかもしれない。
    GoogleのChromeが大本命か?

    しかし企業の場合、運用中のシステム移行が大きな問題となる。
    WEBベースのアプリケーションなら大きな問題はないだろうが、
    VB (Visual Basic)で出来たようなC/S (Client Server)タイプの
    システムだとその移行が大変なので、
    やっぱりWindowsを選ぶということになる。

    逆に言えば、Windows8で既存のVBアプリの互換性が低い場合は
    あっという間にWindows離れが進行するだろう。

    WindowsはPCの普及に大変大きな貢献をしたが、
    MicrosoftはOSとOfficeソフトが収入の柱であるので、
    定期的にバージョンアップをして収入を得るしかない。

    しかし、これがユーザーにとってみたら
    あまりありがたい話ではないんですよね。
    正直、OSはどうでも良いんです。
    OSを使いたくてPCを使うわけではない。
    Officeソフトも皆が使っているからという理由だけで選ばれている。

    バージョンアップされれば、せっかく慣れた使い方を捨てなくてはならないし。
    Vista、7とバージョンアップされて
    劇的に便利になったと言う感想はあまり聞かない。

    Googleが無料でOSとOfficeを揃えてくれば
    一気にシェアを取る可能性もあると思う。
    ただ、Googleは個人向けは無料、企業向けは有料としそうだから
    個人向けがどれだけ普及するかがポイントだろう。

    ただ、GoogleとMicrosoftの2つの陣営でシェアが2分される状態が
    ユーザーにとっては一番不幸かもしれない。



    ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
    にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
    脱サラ・起業 無料コンサル
    | IT | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.moving-and-action.com/trackback/46