Moving & Action
感動と行動を喚起する経営コンサルタント

システムエンジニア歴10年の中小企業診断士が
地元 福岡、佐賀、九州の
頑張っている企業と
起業を目指す方を全力で支援します!

代表 菊池 哲
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
blog ranking
おかげさまで大好評です!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ





資格



Facebook
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Days of Moving & Action

感動と行動を喚起する経営コンサルタント
Moving & Actionの、感動と行動の記録です。
<< 日銀の単独介入 | main | マルウェアにやられた >>
facebook、twitter、ブログ、ホームページの関係
0
    恥ずかしながら、IT業界で仕事していたにもかかわらず
    ブログすらしたことなかった。
    mixiもしていない。
    Moving&Action開設にあたって、
    facebookとtwitterとブログ、そしてホームページと一気に立ち上げた。

    したがって、このあたりについてはまだまだ素人ではあるが、
    私なりにこれらの関係を考察してみた。
    というのもこれらの運用をどうするべきかと悩みだしたからだ。
    同じ情報を冗長的に発信するのは性に合わない。
    それぞれ、明確な役割を持たせたいと考えたのだ。

    下の図は、「対象者」と「交流の深さ」という2軸で分析したものだ。
    横軸:対象者
    縦軸:交流の深さ


    facebookは、対象は限定的だが交流は深い。
    基本的に、現実社会でのつながりをベースとした双方向のつながりである。

    一方でブログやホームページは、
    対象はそれこそインターネット全体かもしれないが、交流は浅い。
    一方的な情報発信であり、そもそも読まれる確率もかなり低い。

    mixiは、facebookに近い。
    現実社会でのつながりにネットだけのつながりを多少加えた感じ。

    twitterは、簡易ブログと言われるようにブログに近い。
    twitter利用者でかつフォローワーに限定しての情報発信なので、
    ブログよりは読まれる可能性が若干高い。


    このように整理すると、それぞれの役割が見えてきた。
    facebookはあくまで現実社会のつながりを補完、補強するためのもの。
    携帯電話やメールの延長線の新しいツールと考えたほうが近いかもしれない。
    いちいちこちらからアクションを起こさなくても
    つながっている感があるのが売りだろう。

    twitterはブログやホームページの弱みを補完するためのもの。
    つまり、ブログやホームページの広告・宣伝担当である。
    頻繁につぶやくのは関心を引いてフォローワーを増やすためと理解できる。
    正直、フォローワーとの関係はきわめてドライで、
    そこからリアルな関係に発展する確率は低い。

    ブログは、ホームページの肉付け担当。
    情報発信頻度を高め、時には私的なことも書いたりして
    ホームページの厚みを増す。

    で、ホームページは最終的なサービスや商品のアピールの場。
    といった具合だろうか。

    これはあくまで私見であり、もっと良い使い方があるかもしれないが。




    ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
    にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
    脱サラ・起業 無料コンサル
    | IT | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    2軸分析、良いですね。
    自分の頭で整理できているから
    2軸で相手にも分かりやすく伝えられる。

    明日から私も強く意識して
    場面場面で使っていきたいです。

    ブログで毎日勉強させていただきます(笑)
    | 会社員 | 2011/08/05 6:30 PM |










    http://blog.moving-and-action.com/trackback/5