Moving & Action
感動と行動を喚起する経営コンサルタント

システムエンジニア歴10年の中小企業診断士が
地元 福岡、佐賀、九州の
頑張っている企業と
起業を目指す方を全力で支援します!

代表 菊池 哲
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
blog ranking
おかげさまで大好評です!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ





資格



Facebook
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Days of Moving & Action

感動と行動を喚起する経営コンサルタント
Moving & Actionの、感動と行動の記録です。
椅子取りゲーム
0
    こんにちは、中小企業診断士の菊池です。

    前回までに、統計情報を利用して市場規模の推定精度を
    向上させることを紹介しました。

    ここで注意しないといけないことは
    統計情報はあくまで集計結果であるということです。

    2つポイントがあります。
    1つは集計であるということ。
    2つは結果であるということ。

    集計なので個別の変化は丸められています。
    例えば外食費について言えば、月に5万円消費する世帯もあれば
    月に3千円の世帯もあるはずですが、
    これらの分散はわかりません。

    外食のような比較的普遍的なニーズを対象とした
    ビジネスであれば問題ないのですが、
    ニーズが特定の人にしか発生しないビジネスの場合
    ここを正しく理解しておかないといけません。

    具体的には商圏の広さに影響します。
    100人に数人程度しかターゲットとなりえないビジネスの場合に、
    統計情報から市場規模と商圏を定義してしまうと
    分散が大きく現実とのずれが大きくなります。
    この場合商圏を大きく定義すればずれは小さくなるでしょう。
    しかし、当然に近さが武器にならずライバルも多くなりますので
    そこをどう対応するのか考える必要があります。

    次に、統計情報はあくまで結果です。
    結果ですので未来を示しているわけではありません。
    市場規模の中からシェアを奪うことが売上を得ることであり
    その目標を立てることが事業計画の始まりであると書きました。

    しかし、何度もいっていますが、
    地方経済はすでに衰退経済に入っていますので
    市場のパイはどんどん小さくなっていきます。
    まるで、椅子取りゲームのように競争は激しくなっていきます。

    ここで重要なことは、椅子を増やす活動ができるかどうか。
    外食の場合は、他地域の需要を取り込むことができるかどうか
    (これは全体でみれば椅子取りゲームは続いているが
     その範囲を大きくすれば緩やかにすることはできる。)
    あるいは、外食という枠にとらわれずに他の需要も取り込むことができるか。

    例えば、店のサービスを「家族で楽しく過ごす時間を提供すること」と考えれば
    外食の枠に限らず、その他の娯楽費に使っているお金をお店に
    呼び込むことができるでしょう。

    まずは、地域や業種・業界の垣根を越えてニーズを呼び込むこと。
    もっと言えば、これらの掛け合わせにより今までになかった
    ニーズを創造することができて、貯蓄に回っていたお金を
    消費に回す
    ことができれば椅子取りゲームの椅子を増やすことができます。

    これからの地方経済を生き抜いて勝者となるためには、
    頭を柔らかくし常識や固定観念に縛られない発想力と、
    緻密な計算が求められます。
     



    ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
    にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
    脱サラ・起業 無料コンサル
    | 椅子取りゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    お客様は何人いますか?その2
    0
      こんにちは、中小企業診断士の菊池です。

      見込客を含めた市場の規模を見積もり、
      その中のシェアを決めることが見込売上を決めることであると
      「お客様は何人いますか?」で書きました。

      今回はもう少しこの部分に踏み込みます。
      うどん屋の例で周辺住民の外食費を見積もると言いましたが、
      ここを感に頼っていては数字遊びをしている域を出ません。
      どうしても自分の行動と人も同じであると思いやすいですね。

      家計の支出は統計情報が公表されています。
      政府統計の総合窓口 e-stat
      具体的には、
      http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001106711
      の表番号11を見れば、福岡市の外食費は年間約17万円であるとわかります。
      外食支出
      どうですか?
      意外と少ないと感じましたか?

      飲食店を開こうとされている方は、
      もともと本人が飲食好きの方が多く、
      人も同じように消費していると誤解しやすいのです。

      現実は1か月あたり1万4千円程度です。
      うどん屋の例は住宅地立地ですので、
      周辺の人たちも天神や博多、その他勤務先など
      地元以外での消費の方が多いかもしれません。
      ですので、実際に地元で消費している金額はもっともっと少なくなります。

      収入別消費支出を見れば、収入が多いほど外食費が多い傾向も見てとれます。
      周辺は福岡市の中でも比較的収入が多い人の割合が多い地域となりますので
      若干はこの数字よりは多いことを期待しても良いと思いますが、
      月に2万も3万も期待した数字で市場を見積もると大きな誤りになります。

      続いて、周辺人口についてですが、こちらはかなり詳細に
      福岡市の統計情報から情報を得られます。
      http://www.city.fukuoka.lg.jp/soki/tokeichosa/shisei/toukei/jinkou/tourokujinkou/TourokuJinko_machibetu.html#mati2
      ここの「公称町別 日本人」を見てください。
      世帯数

      うどん屋がある大手門1丁目は約800世帯。
      単純に1万4千円をかければ、1か月あたり約1100万円となります。
      半径500mぐらいに広げれば約5000世帯ぐらいでしょうか(すみません、ざっくりです)
      であれば月あたり約7000万円。
      この市場を天神その他の地域も含めて争っているわけです。

      今回はここまでとします。
       



      ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
      にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
      脱サラ・起業 無料コンサル
      | 椅子取りゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      残念な上司2
      0
        こんばんは、中小企業診断士の菊池です。

        残念な上司。

        お前ら、もっと経営目線で考えろ。
        一度は言われたことがあるセリフでしょう。

        そして、そう言われて思うことは
        一社員が経営目線で考えるのなら
        お前の存在価値はなんだ?
        って。
        なんて俺って思慮深いんだって
        心の中でしたり顔するんかな。













        そして、思うことは
        どうせ会社は潰れない。
        頑張ったってたかが知れているから
        いかにサボるかって。
















        本当に潰れなければいいですね。

         



        ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
        にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
        脱サラ・起業 無料コンサル
        | たわごと | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        残念な上司
        0
          こんばんは、中小企業診断士の菊池です。

          酔っ払って勢いで書いています。

          最近、「残念な上司」ってネタがネット上で受けているようですね。

          確かに、そんな上司がいることは否定できません。

          もっとこうすればいいのに。
          いったい、
          お前は何ができるんだ。
          常に上から目線で神になったつもりか。
          いつもこういうことを、言いたくて言いたくて・・・・。

          いつも言いたいと思っていて言えなかったことを
          代弁してくれてさぞやスッキリしているのでしょう。













          でもね。
          そういう前に
          お前は何なんだ!

          何なんだよ。
          教えてくれ。
          お前は何ができるんだ。

          お前がそのまま文句たれで時間過ぎれば、
          お前が理想とする上司になれるんか?

          教えてくれ。
          人のせいにして、
          自分は悪くないって
          居直っている人が
          次の世代から、あの人はすごいって言われる上司に
          なれるのか。
          教えてくれ。






           



          ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
          にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
          脱サラ・起業 無料コンサル
          | たわごと | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          お客様は何人いますか?
          0
            こんにちは、中小企業診断士の菊池です。

            前回からの続きです。

            あなたのお客様は何人いますか?
            見込客も含めて、どの程度の市場をターゲットとして
            ビジネスをしているのか。あるいはしようとしているのか。


            この単純な問いに意外と答えられないものだと思います。




            長らく成長経済しか日本は経験していませんでした。
            だから、ご近所の御用聞きを愚直に懇切丁寧に
            やっていればおのずと企業も存続できたのです。


            しかし、地方はすでに衰退経済に陥っています。
            今成長しているのは東京だけでそれも東京オリンピックまで。


            さて、どうやって市場を見積もりますか?

            飲食店を開きたい方に見込売上を聞くと、
            根拠もなく
            「1日当たり客数が20人で客単価4千円で
            新規客が○人で、リピータが○人で
            平均月に2回来てもらう。」
            なんて独りよがりな回答をよく返されます。
            普通の人は同じ店に月に2回なんて行きませんよ。
            私の場合、前回の記事に書いたうどん屋も
            お気に入りですが年に3〜4回程度しか行きません。
            もちろん、月2回くるヘビーな客も存在することは否定しません。
            しかし、その割合はかなり低いはずです。


            うどん店の例なら
            住宅地立地なので
            周辺の人口、世帯、世帯構成、収入や生活スタイルなど
            から世帯当たりの1か月あたりの外食費を推測します。
            世帯数×1か月あたりの外食費
            これが市場となります。

            この中からライバルを考慮しての市場シェアを決めます。
            ここが見込売上を決める作業です。
            つまり、新規開店するということは
            既存店のシェアを奪うことなのです。

            うどん店の場合は、福岡にあまりない本格讃岐うどんなので
            地元だけでなく、結構広めの商圏となっていると思います。
            数か月に1度程度のリピータを広い範囲で確保しているはず。

            さあ、あなたのビジネスの市場はどれだけの規模ですか?
            シェアは今どれだけで、将来どこまでを目指しますか?

             



            ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
            にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
            脱サラ・起業 無料コンサル
            | 椅子取りゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            お客様は誰ですか?その2
            0
              こんにちは、中小企業診断士の菊池です。

              前回、お客様をできるだけ具体的に定義してくださいね。
              という記事を書きました。
              例に出したマッサージ店のたとえが今一つなので
              あまり真意が伝わっていないかなと思います。
              今回は、その続きです。


              本題の前に息抜きを。



              うまそうでしょ?
              近所にある「志成」といううどん屋さん。
              福岡なのに讃岐うどんにこだわった店です。
              今日食べたのは「讃岐ぶっかけ(大盛り)」+「ゲソ天」
               (写真左)
              このぶっかけうどんがめちゃくちゃうまい!んです。
              そして写真右がたまご天。
              この絶妙な半熟加減もたまりません。

              今日は11時半の開店と同時に店についたら、
              難なく待たずに2組目での入店。
              (前は開店時点で結構並んでたけどね・・・)
              しかし、やっぱり人気店。

              おいしく食べて外に出ると・・・


              待ち行列が。

              とても立地がいいわけではないんです。
              近所に住んでいても、普段の通り道でないなら気づかない路地。
              おそらくみんな、口コミで来店されるんでしょうね。
              そしてリピータに。

              はい、息抜きはここまで。


              今日の話は、
              お客様を定義したなら次に考えることは
              そのお客様は何人いますか?


              さあ、あなたのお客様は何人(何社)いますか?
              既存客だけでなく、見込客も含めてですよ。
              客になる可能性のある市場はどれぐらいかです。



              具体的に定義して、具体的にターゲットを絞れば絞るほど
              当然にライバルがいない市場を見つけやすいです。
              その市場規模があなたが存在できるだけの規模をもっていますか?
              ここが難しいところなんです。


              相談に来られる方で多いのは
              何も考えず顧客を定義していない方か、
              絞りすぎていて難しい市場なのに
              自分だけすごいことを思いついたかのように思い込んでいる方か
              の大体2パターンに分けられます。

              ちょっと長くなってきたので
              今回はここまで。

               



              ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
              にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
              脱サラ・起業 無料コンサル
              | 椅子取りゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              お客様は誰ですか?
              0
                こんにちは、中小企業診断士の菊池です。

                単刀直入に聞きます、
                あなたのお客様は誰ですか?

                すでに起業されている方も
                これから起業したい方も
                起業するつもりはないサラリーマンの方も
                一度考えてみてください。





                「誰って言われても、既存顧客(お得意様)が客たい!」
                「買ってくれる人がすべて客くさ」

                こんな感じでしょうか?

                なかなか高度成長期の後遺症が抜けないんですね。
                近所の御用聞きをしているだけでは
                成長は見込めなくなったんですよ。

                これから地方から特に衰退の時代になります。
                「誰でもよかけん、買ってくれる人が客くさ」
                ってしよったら、どんどん苦しくなるバイ。

                だから、もっと客を具体的に定義する必要があります。
                その客(市場)の中で、他のライバルに勝つ必要があります。
                これがビジネスの原点です。

                可能な限り具体的に
                あなたが対象とする客を定義してください。

                たとえば、整体、マッサージで開業したいなら
                20代〜30代の天神で働く未婚の女性で、西鉄で通勤していて
                普段から整体、マッサージに通っている人

                みたいな感じでしょうか。

                でもこれでは、あなたが選ばれる理由が見えませんね。

                だから、もう一歩踏み込む必要があります。
                冷え性に悩んでいて、便秘気味で
                会社の帰りが遅く、なかなかマッサージに通えない

                これぐらい絞れば少しは見えてきますね。

                あなたの客は誰ですか?
                 



                ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
                にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
                脱サラ・起業 無料コンサル
                | 椅子取りゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                脱サラ、独立したい方、起業したい主婦、起業したいシニアの方向けの無料相談
                0
                  <対象>
                  これから初めて起業する方に限り無料でメール相談に応じます。
                   
                  脱サラ、独立したい方。
                  起業したい主婦の方。
                  起業するのが夢だった、現役リタイアされたシニアの方。
                  事業家を夢見る学生の方。

                  <相談方法>
                  free-consult@moving-and-action.com
                  にメールください。
                  最低限氏名は名乗って下さいね。

                  <ポイント>
                  完璧な準備を整えて起業ということもあり得ません。
                  しかし、客観的に評価してもらうことは重要ですよ。
                  無料ですので迷わず聞いてみてください。
                  友達は本音を言ってくれますか?
                  会社の同僚は、同じ環境なので視野に偏りがありますよね。

                  <制限>
                  私も、限りある時間を費やして相談に応じますので、
                  返信は月に1回という制限をさせてもらいます。
                  コンサル期間に限りはありません。
                  大体日曜日に返信します。



                  ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
                  にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
                  脱サラ・起業 無料コンサル
                  | 起業相談 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  福岡市の起業・創業応援サイトのPR動画
                  0
                    久しぶりの投稿です。

                    こんにちは、中小企業診断士の菊池です。
                    あけましておめでとうございます。
                    今年もよろしくお願いいたします。

                    福岡市の起業・創業応援サイトのPR動画にちょっとだけ私が出演していますので、
                    その紹介をしたいと思います。

                    福岡市創業支援事業紹介動画

                    50秒〜60秒ぐらいに出ています。
                    相談窓口での様子です。

                    私事ですが、普段はITや今までのスキル・人脈を生かした活動で
                    時間を費やされているのが現実です。
                    しかし、この相談窓口を中心として100名以上の方の相談にも応じてきました。

                    その中で感じたことは、
                    明確なビジネスモデルをもっている方がとても少ないことです。
                    どれぐらいの割合かと申しますと、ほぼ皆無です。

                    長年事業を行われてきて、
                    ここ最近の環境変化に対応できていないということであるならば
                    仕方のない面もあると思います。
                    しかし、現実には、これから起業するかたや起業間もない方であっても
                    ビジネスモデルをお持ちでないのです。

                    そこで、声を大にして言いたいのですが
                    起業、独立、脱サラを決意する前に相談すべきです。

                    福岡市では、月曜〜金曜まで毎日無料で相談に応じています。
                    是非これを活用して下さい。
                    平日だけですが、重要な決意・決断をする前なら
                    会社を休んででも相談する価値はあります。

                    予約制となっていますので以下から予約して下さい。
                    福岡市中小企業サポートセンター
                    電話:092−441−2161

                    福岡市在住か、福岡市で事業を行っている、
                    あるいはこれから福岡市で事業を行いたい
                    ということが条件となります。

                     



                    ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
                    にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
                    脱サラ・起業 無料コンサル
                    | 起業相談 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    否効率主義で会社が元気に?
                    0
                       こんにちは、こどもの日 いかがお過ごしでしょうか?
                      私は子供と遊ぶ時間を削って、ブログを書いています(笑)

                      まず、否効率主義って何?と思われると思います。
                      非効率主義ではありません。
                      否・効率主義です。

                      効率第一主義を否定することを、勝手にそのように名づけました。

                      バブル崩壊後の日本企業の多くが、効率主義をとり
                      リストラやコストダウンを第一優先に取り組んできたと思います。
                      それで得たものもあるが、失ったものもあるでしょうという回帰的な考えです。

                      ある目的意識をもって読んだ本をもとにこのブログは書いています。
                      その本は、「隠れた力を引き出す会社」(日本能率協会) です。


                      実は、数か月前からこの本のタイトルにある「力を引き出す」には
                      どうしたらよいのか?というテーマをもって心理学の本などを読んでいました。
                      部分的には有効な知識、解法を得ましたが
                      具体的な応用にはまだ至っていません。(私が力不足であるため)

                      そんな中で、この本のタイトルに惹かれて読んだ次第です。

                      この本の主張は、端的に言うと
                      ・効率主義は自主性、創造性を奪う
                      ・もっと無駄を許容すべき
                      ということだと私は理解しました。

                      なるほど、確かにその通りだと思います。
                      しかし、この本では、
                      「効率主義=アメリカ式経営、否効率主義=日本式経営」
                      ととらえて、効率主義をすべて否定する論調があります。
                      私は、この部分については懐疑的です。
                      いわゆる日本式にこだわった結果がガラパゴス化だろうと思いますし。

                      ただし、この本が主張する
                      自主性を重んじ、
                      自主的に動きやすい環境を作ることが重要だ
                      という部分には大きく賛成です。

                      つまり、上司、経営層が上から「指示待ちするな!」
                      とどやしても、物事は一向に解決しない。
                      むしろ、どんどん萎縮して悪循環になる。

                      リーダーは大きな方向性だけ示して
                      深刻にならず、
                      真剣に明るく、
                      親のように
                      メンバーを率いる。
                      こういうことなんでしょうね。

                      言うは易し、行うは難しですね。

                      というより、本当に
                      性善説に基づき、任せてしまえば万事解決するのか?
                      という疑問が常について回ると思います。

                      答えはYESということですね。
                      当然、必要なトレーニングプログラムは必要であるが、
                      任せた結果として失敗しても、それが経験となり
                      次のより大きな成功の種となる。
                      というスタンスが重要ということです。

                      という意味で、失敗を許容する覚悟が必要であり
                      トップの意識が重要となります。




                      ランキング参加中。↓押していただけると励みになります。
                      にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
                      脱サラ・起業 無料コンサル
                      | 葛藤 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |